スポンサーリンク

【うつ病】生き地獄は回避できる!気分が堕ちる直前に気分転換!

生き地獄を制御

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

メンタルクリニックで「うつ病」と診断されてから3週間が経過しました。



発症してから約1ヶ月、幾度となくうつ病による生き地獄を経験してきました。

ray

「もう何も分からない」
「死神だけが自分を救ってくれる」

そんなうつ病の苦しみは誰よりも理解しているつもりです…!

スポンサーリンク

生き地獄を回避できるようになるまで

自分が堕ちる瞬間が分かるようになってくる

1ヶ月もうつ病と付き合っていると、

こんな感じで、自分が心のブラックホールに飲み込まれる瞬間が分かるようになってきます。

更には

「あぁ、今回の闇は相当深いぞ」という具合に、地獄の規模まで分かるようになってきます。

ray

実際にうつ病に苦しんでいる方は、この感覚すごく分かっていただけると思います。


生き地獄を回避するために重要なのは――

「あ、ヤバい。堕ちる。」

ココです。

このタイミングが勝負です。

気分転換!

「堕ちてきた…」と思った瞬間に、気分転換です。
もうね、利用できるモノは全て利用していきましょう。

僕は、うつ病になってから電子タバコにドハマりしてしまいました。

深くゆっくりと深呼吸できるのが良いのか、とっても心が落ち着きます。

強めのメンソールでスッキリするのも、良い気分転換!

ray

ニコチン0、タール0、有害物質0!
吐き出すのは植物性グリセリン(人体に害なし)の蒸気!

電子タバコ、オススメです…!

目の前の作業に集中できるコトがあると楽

目の前のことに集中しよう

気分転換としてオススメなのは「今」に集中できる作業です。

没頭できる趣味をひとつ用意しておくと、生き地獄を回避できる確立が上昇します。

うつ病の生き地獄は回避できる

うつ病の生き地獄は、うつ病を経験した者にしか分からない絶望です。

僕は、うつ病になって1ヶ月。
未だに、毎晩悪夢で泣き叫びながら飛び起きます。
1〜2日間隔で、生き地獄が襲ってきます。
▶[18]猛威を振るう鬱病。寝ても覚めても生き地獄。

うつ病ってどんな病気

うつ病は脳の回路が破壊される病気なので、自分の意思で鬱をコントロールするのは非常に難しいことです。

ray

処方されている安定剤があれば、しっかり薬に頼るようにしましょう…!


でも、ちゃんとタイミングをつかめばコントロールできる…こともあります。

気分転換で鬱に抗って、少しでも生還を果たせる確率をあげてみましょう。
100%生き地獄に叩き落とされるよりはずっといいです。

生き地獄を回避する方法は、確実に存在します。
逃げてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました