スポンサーリンク

[16]うつ病になって久しぶりの長時間人混み外出

うつ病になってから初めての長時間外出

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

うつ病の診断を受けてから16日目です。

スポンサーリンク

うつ病は安定と崩壊を交互に繰り返す

昨日更新したこちらの記事。

…正直、この記事を投稿したことはほとんど覚えていなくて。

なんというか

夢の中で書いたような、書いてないような…

みたいな認識です。

ちゃんと投稿していたんですね。
ブロガー魂ですね。

えらいぞ自分。

ray

昨日は、「ちょっとコンビニにでかけた」という些細な行動がトリガーになって、急に気が狂ったような気がする。

久々の長時間外出

うつ病患者が恋人と外出

今日は1週間ぶりの長時間外出。

彼女の凛さん(仮名)が、JRで一時間半もかけて僕の実家に会いに来てくれました。
▶登場人物一覧

ray

僕は現在「ひとりにしておくと危険」と判断されて実家に保護されています。


凛さんと会うのも1週間ぶり。
前回会ったのは、2度目の精神科受診の日でした。

凛さんと地元デート

初めて凛さんと歩く地元の街。

何もかもが新鮮でドキドキ、ワクワク。

途中で何度かフラッシュバックに襲われるも、一瞬で隣にいる凛さんがかき消してくれる。

彼女
凛さん
ぜんぜん平常な状態に見えてました。
(後日談)

心身ともに安定した状態で、一日を過ごすことができました。

ray

昼食のときに、この安定性を維持するために保険として頓服を1回だけ使用しました。

昨日のように「爆発的に心が崩壊する」といった現象は一切発生せず、安定した一日を過ごせました。

うつ病を抑えるためには心が安定する環境作りを

うつ病は好調と不調のくり返し

うつ病は安定と崩壊を繰り返しながら悪化し、また崩壊と安定をくり返しながら回復する

ということを、この2週間で身をもって体感しています。

今日1日安定していたからといって、次にいつ生き地獄が襲ってくるか分かりません。

ray

自分の意志とは無関係に脳が勝手にネガティブ状態に暴走するからネ…。

【追記】

この記事から2日後。
1時間半おきに4連続で悪夢(フラッシュバック)に襲われ、ストレスで嘔吐。

急に泣き出す始末。

まだまだ「うつ病のトンネル」は抜けられず、不安定。

心が安定する環境作りを

少しでもこの安定した状態を維持するためには「心が安定する環境」に身を置き続けることが大切だと感じました。

家族・恋人・友人など、大切な人と一緒に過ごすでも良し。
自分が没頭できる趣味にひたすら専念するも良し。
静かな自然の中に身を置くも良し。

とにかく、誰にも邪魔されずに心が安定する状態をキープすることが大切です。

昨日までこんな状態で二度も首を吊ろうとしていた僕が、大切な人と過ごせた今日は幸せいっぱいに満ち足りています。

ray

ちなみに、今日までの2週間は逃げ場のない生き地獄の中にいました。
▶20代男性の僕が突然うつ病になった話。

  • 心が満たされる環境
  • 心が安定する環境
  • 何かに集中・没頭できる環境

探してみてください。
作ってみてください。

きっと、その環境に身を置いている瞬間だけでも、生き地獄から解放されることができるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました