スポンサーリンク

[19]地獄が襲ってきて眠れないうつ病患者の夜。

うつ病による不眠症状

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

うつ病の診断を受けてから19日目です。

スポンサーリンク

とにかく眠れなかった

日付が変わった頃から、とにかく寝苦しい夜を過ごしていました。

体が勝手に暴れたがるような感覚が無限に続きます。

ray

何かに取り憑かれたような息苦しさと、無意識な激しい寝返り。


時間が経つにつれて、次第に症状は悪化。

AM1:00を過ぎた頃には、ストレスによる嘔吐も。


朦朧とした意識の中で、なんとか頓服の安定剤に手を伸ばして難を逃れます。

ray

こんなツイートしたの覚えてないヨ…。


うたた寝しては悪夢(フラッシュバック)で泣きながら飛び起きる。

それをくり返しながら、朝を迎えました。

朝も不安定

うつ病で無になる女性

自分ではどうすることもできない苦しさの中で、こちらの記事を投稿しました。

ray

泣きたくないのに勝手に涙が出てくるの、本当に辛いんです…。

昼からは安定

記事を投稿してから、さらに安定剤を追加で使用。

そこからは、何度もフラッシュバックに襲われながらも安定した一日を過ごせました。
…多分。

やっぱり僕の症状は早朝、起きた直後が一番危険みたい。

他のうつ病の方はどうなんでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました