スポンサーリンク

[21]ほら、やっぱり堕ちた。うつ病回復の秘訣は他人に依存しないこと。

やっぱり堕ちた

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

うつ病の診断を受けてから21日目です。
ちょうど3週間が過ぎました。

スポンサーリンク

事態は急速に悪化

ストレスで痙攣が止まらなくなる

昨晩、寝る直前に強いストレスを受けて全然の痙攣が止まらなくなりました。

スマホの文字すらまともに打つことができない状態。

足腰も自由が利かなくて、薬を取りに行くこともできませんでした。

ray

もぅね、何かに取り憑かれたみたいにaa全身がビクビク勝手に動くの。

ちなみに、その症状が発生する30分前に投稿した記事がこちらです。

安定剤を使用することもなく、満開の桜の中でご飯を食べたり。
とっても安定していて幸せそう。

それが、急速に生き地獄に叩き落とされました。

予感がしていた。

前回の記事の中で、

いつ崩れ落ちてもおかしくない状態。
どんどん崩壊に向かって進んでいるけど、それを見てみぬフリして平然を装っているような感覚。

というコトを書いていました。

「うつ病」と診断されての3週間は、常に綱渡りをしているような感覚の中で生活してきました。

いつでも生き地獄と隣合わせ。
ほんの少しバランスを崩したら、地獄が待っている状態。

だから「あぁ、やっぱり来たな」みたいな。

心構えが事前にできていたというか。

絶えず崩壊の予感がしていたので、うつ病が発症したときのようなブラックホールに飲まれることはありませんでした。

ray

症状は過去最悪だったけどネ…!

うつ病を克服する鍵は他人に依存しないこと

友だち

信頼できる人や助けてくれる人が居るっていうのは、凄く励みになるものです。

…でも、そういう人たちに心を預けてしまうのは危険。
かなり危険。

「この人だけは絶対に大丈夫!」

なんて思っていると、足元救われたときに甚大な被害を受けることになります。

気をつけましょう。

ray

あくまで自分のことは自分で立ち上がらせたほうが無難!

抑うつ状態のときにネガティブな人と絡むのは危険

これも気をつけたいところ。

鬱は感染します。
メンヘラは感染します。
ネガティブは感染します。

ray

抑うつ状態のときにネガティブな人と絡むのはなるべく避けましょう…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました