スポンサーリンク

[31]6度目の自殺未遂。うつ病とPTSDの相乗効果による悪循環。

うつ病とPTSDの相乗効果

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

うつ病の診断を受けてから31日目です。

スポンサーリンク

避けられない悪夢


今日も立て続けに悪夢。
悪夢に疲れて眠ったら、また悪夢。

ray

一ヶ月以上、悪夢から解放されない……。

うつ病とPTSDの相乗効果による悪夢の悪循環

うつ病と悪夢には深い関わりがありまして。
うつ病によるストレスで「悪夢障害」を合併するケースが数多く確認されています。

「うつ病の診断を受けてからの1ヶ月」という記事でも振り返ってみましたが、僕自身も毎晩とにかく悪夢が絶えません。


悪夢の内容は

  • トラウマの再現
  • トラウマのトリガー
  • トラウマの主要人物

などなど。

必ず、今回の僕のうつ病の原因であるPTSDのトラウマを掘り起こすような内容のものです。

これをPTSD(心的外傷後ストレス障害)の世界では「再体験症状」というそうです。

ray

PTSDを発症した人の半数以上が、うつ病や不安障害を合併しているという報告もあります。

PTSDの悪夢はレム睡眠だけではなく、浅いノンレム睡眠中にも出現するというなんともタチの悪い地獄基質なもの。

このトラウマ悪夢のストレスでうつ病が更に加速。
脳のホルモンバランスが悪夢を見やすい状態に調整されて、更にトラウマ悪夢

この悪循環が起きているような状態です。

悪夢にフラッシュバック、外傷を象徴するきっかけによる強い苦痛。
症状が悪化し続ける一方です。

ray

まさに生き地獄スパイラル。
寝ても覚めても悪夢の毎日が続きます。

6度目の自殺未遂

日中、強いストレスを感じて包丁を手に取りました。

……その先の記憶がありません。

未遂に終わった模様

目が覚めてから、しばらくの間なにが起きたのか理解できませんでした。

ray

夢の中での出来事みたいな感覚ですが、周りの家族に取り押さえられたのをうっすらと覚えています。

一日中「つらい」ばっかり

「生産性のない一日」
クリエイターの僕からすると、これほど苦痛なことはありません。

寝て、起きて、泣いて、また寝て、また起きて、また泣いて。

これだけで1日を消化してしまいました。

寝てる間はずっと悪夢。トラウマの再現。

起きたら無性に悲しくなって涙が溢れてきて。

ストレスと悪夢に疲れて気付いたら寝て。

そのくり返し。

一体いつになったら解放されるんだろう……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました