スポンサーリンク

[35]セロトニン分泌実験中。残るはPTSDの厄介種。

火種と向かう準備

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

うつ病の診断を受けてから35日目です。

スポンサーリンク

セロトニンの分泌実験を継続中

ここ数日、Twitterのタイムラインをメモ代わりに神経伝達物質「セロトニン」を自分の力で分泌させる実験を行っています。

ray

お騒がせしておりますm(_ _)m

容態は安定圏

抑うつ状態を改善し、精神を安定させる効果があるセロトニン。

これを制御できるようになったおかげか、昨日に引き続き今日も比較的安定した一日を過ごせました。

……心身に症状は出まくるけどネ。
実験の効果で自分で抑制できるので「安定圏内」ということで。

再現性を確認するために、何度も同じ条件で自分の身体を被検体にデータを採取しています。

近日中に、実験の結果をしっかりとした形でご報告できるのではないかなと思っています!
日本中のうつで苦しむ方が、ひとりでも減りますように…!

PTSDの大本と向き合うとき

僕のうつ病は、PTSDの合併症です。

トラウマの大本と向き合って根元を解決しないかぎり、僕が生き地獄から解放されることはないでしょう。

近日中に、嫌でもトラウマと向き合うことになりそうです。
どうしても返してもらわなきゃいけないものがあるからネ。

ray

向き合うための文章を用意していました。
……届くか分からないけど。


あの日。
心の底から信頼していた人に、希望の絶頂――1番高いところで嘘をつかれ騙され地獄の底に叩き落とされました。


今更、関係を修復しようなんて思いません。
……ただ、最後くらい円満に解決できたらいいな。

人間は、信じられないくらい残酷になれる生き物だからね。

ただただ、怖いです。

ray

すっかり障害者になってしまった今の自分のメンタルで、果たしてトラウマの根元と向き合うことができるのか。

それだけが不安です。
でも、やらないと。

前に進むためにも、解決しないと。

コメント

  1. kacca より:

    心の底から信頼していたひと…。どなたか存じませんが、向き合う時期なのかどうか。自己流では絶対に進めないでください。
    主治医、カウンセラーの指示にしたがってくださいね。
    心底心配なしています。

    • ray より:

      kacca 様
      あたたかいコメント、ありがとうございます!

      本当にその通りですね、、
      自己流な判断で動くのはまだまだ危険だと思っています…。

      慎重に解決していきたいと思いますm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました