スポンサーリンク

限界 (うつ病患者が生き地獄の中で書いたメモ)

首吊りロープ

何の前触れもなく、死にたくなった。
これを書いている今も希死念慮は止まらない。

早く終わりたい。


計二回、首吊りを試みるも監視役の家族に阻止され未遂に終わる。

たぶん1時間に一回試した。自分のメモを見てわかった。 

安全のため身体を拘束された。

多分、監視の目がなくなったら死ぬ。

首吊りは自分の意志じゃない。と思う。
脳が勝手に終わろうとしている。

でもシャットダウンしない。
意識ははっきりしている。生き地獄を感じてる。

通常の2倍の量の抗うつ剤、睡眠薬を摂取
薬はまだ効いてこない

ただ耐える。
死神が襲ってくる。

抗えない。
死だけが救い。


もう目で色を識別することもできない

自分が何をしているのかも理解できない

呼吸するだけで内臓が痛い

とりあえずタイムラインを汚さないようにここにまとめてる



はやく楽になりたい。
限界。

意識をたもっていることが死に直結している。


自分が今何を書いているかも頭では理解できていない。

なにもわからない。
もう助けもいらない。
ただ終わりたい。

早く殺してくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました