スポンサーリンク

うつ病には瞑想とサウナが効果的!自律神経も整って精神状態も安定!

瞑想とサウナで鬱を改善!

こんにちは、ray(@ray_u2blog)です。

またひとつ、うつ病の生き地獄に対抗する術を見つけました!

正確には、安定している状態をより深い安定に導く方法です。

「サウナはいいぞ!」

サウナ浴による精神安定作用や心理的効果は、医学的に証明されているものです。

サウナ浴では、ストレスを緩和し幸せな気分をもたらす脳内ホルモンのオキシトシンが分泌されたり。

ほかにも、うつ状態を改善し精神を安定させる効果があるとされる神経伝達物質のセロトニンが上昇することが証明されています。

ray

とにかく、サウナには「うつ病」の治療に効果的なコトがたくさん!!

実際に「うつ病 サウナ」と検索すると

「サウナでうつ病を治したよ!」

というお話がいくつも出てきます。

サウナと瞑想の組み合わせで、心を安定!

今回の記事は「サウナが本当に効果的で良かったです!」というお話です。

スポンサーリンク

瞑想とサウナ浴でうつ病を改善

僕のオススメは瞑想とサウナ浴の複合技です。

瞑想について

瞑想

今、巷で流行っている瞑想。
皆さんはやっていますか?

  • ストレスが軽減する
  • 自分に自身がつく
  • 集中力があがる
  • 生産性が高まる
  • 幸福感を感じる

といったことが科学的に証明されています。

Google社Apple社などの世界の大手IT企業でも、社内に瞑想室を設置しているというのは有名はお話です。

ray

瞑想でも、うつ病に効果的なセロトニンが分泌されることが確認されています!

ほかにも、身体の痛みの緩和や、うつ病の再発率を下げるという報告もされています。

瞑想のやり方

1. 姿勢を正す
座り方は問いません。
目を閉じて脱力し、背筋を伸ばして座りましょう。
(目は閉じていますが)目線は、自分の2〜3m先を見つめるような感覚が理想です。

2. 呼吸をゆっくりにする
1分間に4〜5回まで、呼吸の回数をおとします。

「5秒吸って、7秒吐く」
この深呼吸で、1分間に5回まで呼吸を落とすことができます。

3. 意識を呼吸だけに集中させる

周りの物音や雑念に意識が逸れて「あ、今集中力が切れた」と思ったら、再び呼吸に注意を向けるようにしましょう。

逸れた意識を呼吸に戻すという作業が、瞑想の効果を一層強くします。

ray

瞑想は毎日続ければ続けるほど効果が高まっていきます!

サウナについて

サウナ

冒頭での説明の通り、サウナ浴ではうつ病を克服する効果を得られることが科学的に証明されています。

うつの症状に波がある方は、心が落ち着いているときに挑戦してみてください。

サウナの入り方

1. 5分間サウナに入る
この間、サウナ室で瞑想状態に入ります。
静かに深呼吸しながら5分間を過ごしましょう。

2. 1分間水風呂に浸かる
水風呂に入るとき、一瞬でも良いので最初に頭まで浸かることをオススメします。

その後、水風呂の中でも1分間の瞑想状態に入ります。

3. 椅子で3分から5分休憩
水風呂から上がったら、湯船などには入らずに、その辺の椅子に座って静かに身体を休めます。

このときにもゆっくりと深呼吸しながら瞑想状態に入ります。

ray

この工程を3セットほどくり返します。

実際に瞑想&サウナ浴を試した結果

静か

心が静か。とにかく静か。
フラッシュバックも無し。

安定です。
非常に安定しています。

手の痙攣も止まっています。

夜は深い眠りにつくことができました。

ray

皆さんも、ぜひ試して見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました